フリーランス転身のデメリット

フリーランスへの転身を考えている方の中には、「今の会社の方針が自分には合わない」と感じている方も多いと思います。「もっと、こういった方法を取れば効率的に仕事が出来るのに」と感じている方もいれば、「こういった分野にもチャレンジしたいけれど、この会社にいる限り、こういった仕事は出来ないだろう」と感じている方もいるでしょう。こういった不満がある方は、「自由に仕事が出来る、フリーランスという働き方にチャレンジしたい」と考えている方もいると思います。
しかし、メリットの多いフリーランスという働き方ではありますが、デメリットもあるため事前に知っておく必要があります。

フリーランスになれば、安定、保証がなくなってしまうことは理解しておく必要があります。今まで、仕事の量に関係なく毎月あった収入もなくなってしまうことになります。
フリーランスになれば、仕事に応じて報酬が入ってくることになりますから、仕事がなければ収入はないため、いざという時のための貯蓄は必要となるでしょう。
また、保険や退職金といった保証もなくなることになりますから、自分で国民健康保険や民間の保険などに加入し、いざという時のための保証を整えておくことが必要。収入が安定しないうちは、この費用なども大きな負担となる可能性があります。そして、フリーランスとなれば企業名がなくなり、他人から見ると信頼度が低くなってしまうため、銀行からの融資なども受けにくい状況となります。仕事を行う際には、コツコツと一人で取り組む環境となりますから、孤独を感じることもあるでしょう。

このように、フリーランス転身を行う際にはデメリットと感じてしまうこともいくつかあります。フリーランスにチャレンジする際には、こういったデメリットも理解し、納得した上でチャレンジすることが大切です。このまま企業勤めで安定した生活を送るのか、はたまた独立して自身の采配での仕事獲得スタイルを確立し理想を追求するのか、じっくり検討して行動に移すといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>